Takuya Matsuura site


 

1/9

私は「音と写真の可能性」について研究、制作を行なっています。「成人胎児」はその一環で制作されたものです。

お母さんのお腹の中で成長し続ける成人胎児の世界に入り込み、鑑賞者も成人胎児になったような感覚に陥る。音、写真と成人胎児を掛け合わせるキーワードとして「水、揺れる」があります。水は鏡と羊水を連想させ、揺れるは、成人胎児の動きやお母さんの生活感を音を使って表現しました。

プロジェクターから水面に向かって映像を出力して、その水面に音をあてることによって、映像を揺らしています。水面に映った映像は揺れたまま壁に向かって反射していきます。それは、カメラ本体のミラーに音をあてることによって、写真に影響を与え、撮影しているようなシステムです。