Takuya Matsuura site


 

1/9

私は「音と写真の可能性」について研究、制作を行なっています。「成人胎児」はその一環で制作されたものです。

お母さんのお腹の中で成長し続ける成人胎児の世界に入り込み、鑑賞者も成人胎児になったような感覚に陥る。音、写真と成人胎児を掛け合わせるキーワードとして「水、揺れる」があります。水は鏡と羊水を連想させ、揺れるは、成人胎児の動きやお母さんの生活感を音を使って表現しました。

プロジェクターから水面に向かって映像を出力して、その水面に音をあてることによって、映像を揺らしています。水面に映った映像は揺れたまま壁に向かって反射していきます。それは、カメラ本体のミラーに音をあてることによって、写真に影響を与え、撮影しているようなシステムです。

 

I am doing a research project on 'the possibilities of sound and photography'. Seijin Taiji (T.N.: Adult Embryo) was created in this concept.The audience whom enter the world of this adult embryo, who keeps growing in his mother's belly, gets to identify itself to its character.'Water' and 'vibrations' are the keywords linking sound, photography and the present work.The water represents a camera’s mirror as well as the amniotic fluid. As for the vibrations, they are created by sounds the sounds coming from the adult embryo's movements and from his mother's daily life.

Photographies are projected on a water's surface and the resulting images scramble according to sounds diffused by speakers.The vibrating images appearing at the surface of water reflect themselves on the walls. It is a system, similar to the process of photography, which applies an effect to an image thanks to sounds diffused on a reflective surface.